Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インテック、統合ログ管理製品にブラックリストとの突合機能

インテックは、ログ管理製品「LogRevi」の新版を提供開始した。ブラックリストの情報を用いて不審なログを検知する機能を追加したという。

同製品は、企業におけるさまざまなシステムのログを統合管理できるソリューション。従来製品は、管理者が日次レポートから不審な挙動を見つけ、原因を調査する必要があったが、新版では、セキュリティベンダーより別途購入したブラックリストの情報とログを突合し、一致するログをリアルタイムに検知する機能を搭載したという。

価格は1ライセンス170万円から。同社では、3年間で15億円の販売を目指している。

(Security NEXT - 2017/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

防御演習「CYDERオンライン」ベータ版受講者を募集 - NICT
「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化
旧サービス再編した「秘文 統合エンドポイント管理サービス」 - 日立ソ
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
法人向けESETエンドポイント製品のWindows版に新版 - 暗号化製品も追加
EDR運用サービスに復旧支援対応など追加 - NRIセキュア
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
USBメモリ接続だけで情報収集するフォレンジックツール
ゲーム企業向けセキュリティ人材の紹介サービス - C&R社