Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アップデート機能のライブラリ「WinSparkle」に脆弱性

アップデート機能を提供するWindows向けライブラリ「WinSparkle」において、任意のフォルダやファイルが削除される脆弱性「CVE-2016-7838」が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同ライブラリでは、一時ファイルの保存場所をレジストリで保持しているため、レジストリの値を変更されると同ライブラリを利用するソフトを起動した際に、任意のフォルダやファイルが削除されるおそれがある。「Wireshark 2.0.5」など、同ソフトを利用しているソフトも影響を受ける。

同脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの吉川孝志氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。同脆弱性は、最新版となる「WinSparkle 0.5.3」にて修正されている。

(Security NEXT - 2016/12/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Mozillaの暗号ライブラリ「NSS」に深刻な脆弱性 - アップデートを公開
ウェブメールクライアント「Roundcube」に深刻な脆弱性 - アップデートを強く推奨
Zoomに複数脆弱性、クライアントやSDKなど広く影響
VPN製品「Pulse Connect Secure」にDoS攻撃受けるおそれ - アップデートで修正
「baserCMS」の管理画面に複数の脆弱性 - アップデートで修正
「ウイルスバスター for Mac」に脆弱性 - 修正を自動配信
「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
「VMware vCenter Server」に2件の脆弱性 - アップデートが公開
QNAP Systemsの「Multimedia Console」に脆弱性
独自の修正含む「Microsoft Edge 96.0.1054.29」がリリース