Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アップデート機能のライブラリ「WinSparkle」に脆弱性

アップデート機能を提供するWindows向けライブラリ「WinSparkle」において、任意のフォルダやファイルが削除される脆弱性「CVE-2016-7838」が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同ライブラリでは、一時ファイルの保存場所をレジストリで保持しているため、レジストリの値を変更されると同ライブラリを利用するソフトを起動した際に、任意のフォルダやファイルが削除されるおそれがある。「Wireshark 2.0.5」など、同ソフトを利用しているソフトも影響を受ける。

同脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの吉川孝志氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。同脆弱性は、最新版となる「WinSparkle 0.5.3」にて修正されている。

(Security NEXT - 2016/12/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
エプソン製品のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
Google、「Chrome 87」で33件のセキュリティに関する修正を実施
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
「VMware SD-WAN Orchestrator」に複数脆弱性 - 修正版が公開
「Hibernate ORM」に「SQLインジェクション」の脆弱性
「Firefox 83」公開、HTTPS限定モードを追加 - 脆弱性21件を修正