Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「e-Taxソフト」のダウンロードやバージョンアップを一部再開 - 国税庁

「e-Taxソフト」に脆弱性が見つかった問題で、国税庁では同ソフトの公開を一時停止していたが、メンテナンスが終了したとして一部提供を再開した。

問題の脆弱性は、同ソフトのインストーラーにおいて、検索パスの指定に問題があり、細工されたライブラリファイルを読み込むおそれがある「CVE-2016-4901」。脆弱性が悪用された場合、任意のコードを実行されるおそれがある。

同庁では、10月18日に同ソフトの提供を一時停止。対応を進めていたが、メインテナンスを終えたとして一部提供を再開したもの。共通で利用するプログラムをはじめ、直近年分の申告や、申請および届出に関連する機能。ダウンロードやバージョンアップを行うことが可能。

ただし、前年以前の申告や、公的個人認証サービス利用者クライアントソフトのインストール、「Windows Vista」において、ウェブなど一部を除いて新規利用については、引き続き利用できない。同庁では、前年以前の申告に関し、10月末を目処に提供を再開できるよう作業を進めているという。

(Security NEXT - 2016/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も