Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

システムの可視化や脆弱性をスキャンする「F-Secure Radar」

エフセキュアは、ネットワークや資産を可視化し、脆弱性を管理できるソリューション「F-Secure Radar」を12月1日より提供開始する。

同製品は、複数の自動スキャン機能を備えたソリューション。サーバやルータ、エンドポイント、プリンタなどネットワーク接続機器などの資産をダッシュボードより確認できるほか、システムやウェブアプリケーションの脆弱性を検知して、評価することが可能。APIによる連携にも対応している。

PCI DSSで求められる脆弱性スキャン「PCI ASV」で利用されており、同社では国内サービスプロバイダ向けに展開していく。

(Security NEXT - 2016/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

テレワークのセキュリティ評価サービス - ニュートン
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
エフセキュアと加賀FEI、IoT機器のセキュ診断で協業
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
ウェブエンジニア向けにセキュア開発の学習サービス - Flatt Security