Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WordPress向けeコマースサイト構築プラグインに脆弱性 - ゼロデイ攻撃も

WordPressにおいてeコマースサイトを構築できるプラグイン「WP Marketplace」に、複数の脆弱性が含まれていることがわかった。10月18日の時点で修正プログラムは用意されておらず、すでに悪用も確認されている。

脆弱性を確認したWhite Fir Designが公表したもの。ファイルがアップロード可能となる2件の脆弱性が存在し、同社を含む複数のセキュリティベンダーにおいて脆弱性の悪用が確認されているという。脆弱性を悪用されると、バックドアを設置されるおそれがある。

10月18日の時点で修正プログラムは用意されておらず、White Fir Designでは、実証コードを公開し、利用者へ注意喚起を実施。同社の報告を受けてWordPress.orgでは、今回の問題を受けてプラグインディレクトリより同プラグインを削除している。

(Security NEXT - 2016/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
「Cisco Application Services Engine」などに深刻な脆弱性
「Movable Type」にXSSの脆弱性 - アップデートが公開
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
複数ペットフード販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
「Office for Mac」向けにセキュリティ更新 - 脆弱性2件を修正