Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Cisco Firepower Management Center」に複数の脆弱性

Cisco Systemsのセキュリティ製品を集中管理できる「Cisco Firepower Management Center」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。悪用などは確認されていないという。

同製品において、ウェブコンソールへアクセスできるユーザーにより、製品のローカルファイルへアクセスでき、重要な情報を取得されるおそれがある脆弱性「CVE-2016-6435」が存在。さらにコマンドラインより製品内のデータベースへアクセスが可能となる脆弱性「CVE-2016-6434」が含まれる。

また同製品の「Cisco Firepower Threat Management」に、認証されたユーザーによってリモートよりコードを実行されるおそれがある「CVE-2016-6433」が判明した。

いずれも脆弱性を悪用するには認証が必要で、重要度は4段階中、上から3番目の「中(Medium)」。脆弱性の公開や悪用は確認されていない。同社では、今回の問題を受けて脆弱性を修正したソフトウェアの提供を開始している。

(Security NEXT - 2016/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
「Office for Mac」向けにセキュリティ更新 - 脆弱性2件を修正
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開
複数脆弱性を修正した「OpenSSL 1.1.1j」が公開
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「Aruba ClearPass Policy Manager」に複数の脆弱性
複数脆弱性を修正、「Chrome 88.0.4324.182」が公開
長年存在した「Microsoft Defender」の脆弱性が月例パッチで修正