Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「BIND 9」のDoS脆弱性に対する攻撃コードが公開 - 早急にアップデートを

DNSサーバの「BIND 9」に脆弱性「CVE-2016-2776」が見つかった問題で、同脆弱性を悪用するコードがあらたに確認された。セキュリティ機関では早急にアップデートを実施するよう注意を呼びかけている。

問題の「CVE-2016-2776」は、リモートより攻撃が可能な脆弱性。細工したパケットを送り付けることで深刻なエラーを生じさせ、サービス拒否を引き起こすことができる。

BINDを開発するInternet Systems Consortium(ISC)では、重要性を「高(High)」にレーティングし、脆弱性を解消する「同9.10.4-P3」「同9.9.9-P3」「9.9.9-S5」「9.11.0rc3」を、米国時間9月27日にリリース。これを受けて、国内の関連機関も注意喚起を行っていた。

パッチ公開当初、脆弱性の悪用は報告されていなかったが、情報処理推進機構(IPA)によれば、同脆弱性に対する攻撃コードが公開されたという。脆弱性が与える影響は大きく、早急に修正版へアップデートするよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
「Office for Mac」向けにセキュリティ更新 - 脆弱性2件を修正
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開
複数脆弱性を修正した「OpenSSL 1.1.1j」が公開
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「Aruba ClearPass Policy Manager」に複数の脆弱性
複数脆弱性を修正、「Chrome 88.0.4324.182」が公開
長年存在した「Microsoft Defender」の脆弱性が月例パッチで修正