Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「BIND 9」のDoS脆弱性に対する攻撃コードが公開 - 早急にアップデートを

DNSサーバの「BIND 9」に脆弱性「CVE-2016-2776」が見つかった問題で、同脆弱性を悪用するコードがあらたに確認された。セキュリティ機関では早急にアップデートを実施するよう注意を呼びかけている。

問題の「CVE-2016-2776」は、リモートより攻撃が可能な脆弱性。細工したパケットを送り付けることで深刻なエラーを生じさせ、サービス拒否を引き起こすことができる。

BINDを開発するInternet Systems Consortium(ISC)では、重要性を「高(High)」にレーティングし、脆弱性を解消する「同9.10.4-P3」「同9.9.9-P3」「9.9.9-S5」「9.11.0rc3」を、米国時間9月27日にリリース。これを受けて、国内の関連機関も注意喚起を行っていた。

パッチ公開当初、脆弱性の悪用は報告されていなかったが、情報処理推進機構(IPA)によれば、同脆弱性に対する攻撃コードが公開されたという。脆弱性が与える影響は大きく、早急に修正版へアップデートするよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2月3日ごろより「VMware ESXi」のランサム被害急増- 国内でも発生か
QNAP製品のファームウェアに深刻な脆弱性 - 対象は限定的
「Cisco ISE」の脆弱性、順次パッチ提供 - リリース後は悪用コードが利用可能に
狙われる顧客管理ツール「SugarCRM」の脆弱性 - 米政府も注意喚起
「スシロー」のAndroidアプリにパスワード漏洩のおそれ - アップデートを
「VMware vROps」にCSRFの脆弱性 - アップデートが公開
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
「VMware vRealize Log Insight」の深刻な脆弱性、PoCが公開
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性