Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数金融機関の利用者狙うフィッシング - 「貴様のアカウント」など不自然な言い回しも

複数金融機関のオンラインバンキング利用者を狙ったフィッシング攻撃が展開されている。フィッシング対策協議会が注意を呼びかけた。

「ジャパンネット銀行」や「福岡銀行」を装い、アカウント情報をだまし取るフィッシング攻撃が相次いで確認されたもの。

確認されたフィッシングメールは、いずれも「重要なお知らせ(2016年8月18日更新)」「メールアドレスの確認」「銀行本人認証サービス」とまったく同一の件名で送信されており、メールのデザインや文言も同一だった。

メールの本文は、セキュリティのアップデートを理由に、アカウントの利用中止をちらつかせ、不安を煽って偽サイトへ誘導する内容だが、「貴様のアカウントの利用中止を避けるために、検証する必要があります」などと不自然な言い回しも用いられており、日本語を母国語としない攻撃者が作成したと見られる。

またHTMLメールにより、誘導先のURLを偽装しており、サブドメインに実際に銀行のドメインの文字列を組み込んでいた。

いずれも今回のケースでは誘導先のフィッシングサイトは停止していることが確認されているが、フィッシング対策協議会では類似した攻撃へ注意するよう呼びかけている。

20160819_ap_001.jpg
福岡銀行を装ったフィッシングメール(画像:フィ対協)

(Security NEXT - 2016/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
2020年3Qフィッシング、前四半期の約4分の3に - RSAまとめ
2020年2Qのフィッシング攻撃は3割減、国内ホストは32件 - RSA調査
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意