Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「vCenter Server」や「ESXi」に脆弱性 - アップデートがリリース

「VMware vCenter Server」や「ESXi」など、VMwareの複数製品に脆弱性が含まれていることがわかった。アップデートがリリースされている。

影響を受けるのは、「VMware vCenter Server」「VMware vSphere Hypervisor(ESXi)」「VMware Workstation Pro」「VMware Workstation Player」「VMware Fusion」「VMware Tools」の一部バージョン。

クロスサイトスクリプティング(XSS)や不正サイトへのリダイレクトなどに悪用されるおそれがある「HTTPヘッダインジェクション」の脆弱性「CVE-2016-5331」が存在。またWindowsベースの製品に含まれる「VMware Tools 」にコードが実行されるおそれがある「DLLハイジャック」の脆弱性「CVE-2016-5330」が判明した。

いずれも脆弱性の深刻度は「重要」。同社では、脆弱性を修正するアップデートを公開している。

(Security NEXT - 2016/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
「Office for Mac」向けにセキュリティ更新 - 脆弱性2件を修正
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開
複数脆弱性を修正した「OpenSSL 1.1.1j」が公開
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「Aruba ClearPass Policy Manager」に複数の脆弱性
複数脆弱性を修正、「Chrome 88.0.4324.182」が公開
長年存在した「Microsoft Defender」の脆弱性が月例パッチで修正