Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年2Qの脆弱性登録は1762件 - 累計6万件突破

脆弱性の種類別では、これまでの傾向を引き継いで「バッファエラー」が最多で353件。次いで「不適切な入力確認」が176件、「認可、権限、アクセス制御不備」が170件、「情報漏洩」が165件と目立つ。

製品別に見ると、「Google Chrome」が147件ともっとも多く、「Windows 10」と「Windows Server 2012」が各120件で続いた。上位20件のうちOS製品が13件で、PDFの閲覧や編集ソフト、動画再生ソフトなどAdobe Systemsの製品に関する情報が5件だった。

同四半期までに登録された脆弱性情報を深刻度別にわけると、共通脆弱性評価システム「CVSSv2」の基本値が7.0から10.0で「危険」とされる「レベルIII」は全体の40.1%で、前期と変化はなかった。「警告」の「レベルII」は52.5%で0.1ポイント後退。「注意」の「レベルI」は7.4%で0.1ポイント上昇した。

20160727_ip_002.jpg

(Security NEXT - 2016/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性
機密情報管理の「HashiCorp Vault」に脆弱性 - アップデートを
「PHP 8.1.11/7.4.32」が公開に - 複数の脆弱性を解消
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
Google、「Chrome 106」をリリース - セキュリティ関連で20件の修正
XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響