Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「東京ズーネット」に不正アクセス - 個人情報が流出

ウェブサイト「東京ズーネット」が不正アクセスを受けたことがわかった。個人情報やメールアドレスが流出したという。

「東京ズーネット」は、都内動物園や水族園のウェブサイトで東京動物園協会が運営している。同協会によれば、7月7日6時半過ぎに職員が改ざんされていることに気が付いたという。

今回の不正アクセスにより、「東京動物園友の会」の加入について問い合わせを行っていた関係者の氏名や郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス、連絡事項など868件の個人情報が流出。さらにメールマガジン「ズー・エクスプレス」登録者に関するメールアドレス2万1688件が被害に遭った。

同協会では改ざんページを削除するとともに、同サイトを閉鎖。ウェブサイトの状況や原因について調査を進める。また関係者に対して謝罪、注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2016/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

資格検定申込サイトへSQLi攻撃 - メアド流出の可能性
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
農業用品メーカーサイトで情報流出 - 診断で異常発見、被害認知に時間要す
ワイシャツのオーダーサイトで個人情報流出の可能性 - 店舗顧客にも影響
「スイーツパラダイス」の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用のおそれ
不正アクセスで顧客のクレカ情報流出の可能性 - 教材販売サイト
和菓子通販サイトでクレカ情報流出 - 悪用された可能性
資格検定の申込サイトにサイバー攻撃 - データ改ざんや流出の可能性