Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows向け「LINE」に脆弱性 - 不正なファイルを読み込むおそれ

Windows向けに提供されている「LINE」に脆弱性が明らかとなった。最新版で修正されている。

同アプリの「同4.7.0」および同バージョンのインストーラーにおいて、ライブラリファイルを読み込む際の検索パスに脆弱性「CVE-2016-4831」が存在。悪意あるファイルを読み込み、任意のコードを実行されるおそれがある。

今回明らかとなった脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの吉川孝志氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。LINEでは7月1日に修正版をリリースしている。

(Security NEXT - 2016/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IvantiのMDM製品にSQLiなど複数脆弱性 - アップデートがリリース
クラウド環境などでログ収集に活用される「Fluent Bit」に脆弱性
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
悪用脆弱性リストに医療データ連携ソフト関連など2件が登録 - 今月5度目の追加
Veeamのバックアップ管理ツールに深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
4月のアップデートでのべ37件の脆弱性に対応 - Atlassian
「VMware ESXi」など複数製品に脆弱性 - 最新版に更新を
「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する6件の修正を実施
WordPressよりスマホアプリを構築するプラグインに脆弱性
ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局