Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバに不正アクセス、窓口業務などへ影響 - 新城市

愛知県新城市において、市役所内のサーバが不正アクセスを受けたことがわかった。一部業務が停止したが、現在は再開している。

同市によれば、庁舎内にあるサーバに、不正アクセスを受けた履歴を確認したことから、ネットワークを遮断。安全確認を実施していたもの。6月21日16時よりウェブサイトの公開を一時中止したほか、窓口システムを停止したため、証明書の発行など一部業務に影響が出た。

同市では、ネットワーク上にあるすべての機器の安全を確認したとし、翌22日17時15分よりウェブサイトの提供など再開している。

(Security NEXT - 2016/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府の共通認証サービス「GビズID」に不正アクセス
業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
不正アクセスでECサイト会員のメアドが流出 - 文具画材店
Gポイントに不正ログイン - ポイント不正交換も
トヨタ子会社のバッテリーメーカーでサイトの改ざん被害
ニトリにPWリスト攻撃、スマホアプリ経由で - 約13万アカウントがログイン許した可能性
食肉通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 調査に約1年
茨城県産業技術イノベーションセンターでサイト改ざん - 不審な英文
不正アクセスでウェブサイトが改ざん被害 - IBS Japan
ランサム被害、リモート接続の脆弱性が侵入口に - ニチリン