Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバに不正アクセス、窓口業務などへ影響 - 新城市

愛知県新城市において、市役所内のサーバが不正アクセスを受けたことがわかった。一部業務が停止したが、現在は再開している。

同市によれば、庁舎内にあるサーバに、不正アクセスを受けた履歴を確認したことから、ネットワークを遮断。安全確認を実施していたもの。6月21日16時よりウェブサイトの公開を一時中止したほか、窓口システムを停止したため、証明書の発行など一部業務に影響が出た。

同市では、ネットワーク上にあるすべての機器の安全を確認したとし、翌22日17時15分よりウェブサイトの提供など再開している。

(Security NEXT - 2016/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

動物病院向け受付システムに不正アクセス - サービスが停止
サイバー攻撃でシステム障害 - 富士経済グループ
会議室予約システムに不正アクセス、予約者情報流出の可能性 - 慶大
日産証券、情報流出を最優先で調査 - サービス再開時期は慎重に判断
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
不正アクセスによる障害で3サービスを当面停止 - 日産証券
関西エアポート関連サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
サーバに不正アクセス、一部ゲームデータが被害 - タイトー
ファイル送受信機器にゼロデイ攻撃、情報流出の可能性 - 内閣府
通販サイト「ゆとりの空間」、クレカ情報も被害