Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WordPressへフォームを設置するプラグインに深刻な脆弱性

WordPressにフォームを追加するプラグイン「Ninja Forms」に脆弱性が含まれていることがわかった。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、フォームより送信されたデータの処理に問題があり、リモートよりPHPコードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2016-1209」が判明したもの。「同2.9.42」から「同2.9.36」までのバージョンが影響を受ける。

開発者は、脆弱性を解消した「同2.9.43」「同2.9.36.1」「同2.9.37.1」のほか、他脆弱性にもあわせて対応した「同2.9.45」をリリース。開発者やセキュリティ機関ではアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
「Office for Mac」向けにセキュリティ更新 - 脆弱性2件を修正
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開
複数脆弱性を修正した「OpenSSL 1.1.1j」が公開
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「Aruba ClearPass Policy Manager」に複数の脆弱性
複数脆弱性を修正、「Chrome 88.0.4324.182」が公開
長年存在した「Microsoft Defender」の脆弱性が月例パッチで修正
ファイル送受信製品「FileZen」に脆弱性 - アップデートは準備中、緩和策の実施を