Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

第1回目の情報セキュリティマネジメント試験、9割弱が合格

情報処理推進機構(IPA)は、4月17日に実施した2016年度の春期情報処理技術者試験のうち、「情報セキュリティマネジメント試験」「基本情報技術社試験」の合格者を発表した。

今回より新設された情報セキュリティマネジメント試験の応募者数は2万1691人。受験者数は1万7959人で合格者数は1万5800人だった。合格率は88%。

情報セキュリティマネジメント試験は、社会人の受験が9割以上を占め、受験者の平均年齢は39.8歳。最年少合格者は14歳、最年長合格者は72歳だった。

一方、基本情報技術者試験は、応募者数が6万1281人で受験者数が4万4184人、合格者数が1万3418人で合格率は30.4%。受験者の平均年齢は25.8歳だった。

(Security NEXT - 2016/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「サイバーセキュリティ体制構築・人材確保の手引き」を改訂 - 経産省
LINE WORKSで複数顧客参加のトークルームを誤作成、削除できず - 富士薬品
PCや受験関係書類が研究室から盗難 - 東京藝大
国家資格「登録セキスペ」の問題作成者を募集 - IPA
看護専門学校で成績査定表や解答用紙が所在不明 - 岐阜県
都が中小企業セキュ対策であらたな支援事業 - 試験的に機器設置、インシデント対応もサポート
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
メール誤送信で職員採用試験応募者のメアド流出 - 愛媛県動物園協会
セキュ経営GLの付録として体制構築や人材確保の手引き - 経産省
IT資格試験教材サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性