Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

料金照会のウェブサービスで他顧客情報が閲覧可能に - 東京ガス

東京ガスは、インターネットからガス料金を照会できるサービスにおいて、債権債務を承継した前後の顧客間で、ガスの使用状況などの顧客情報を閲覧できる状態となっていたことを明らかにした。

顧客情報が閲覧可能な状態となっていたのは、過去24カ月におけるガスの使用量や料金の支払い状況などを、ウェブサイト上から確認できる一般家庭向けサービス「myTokyoGas」および、法人向けサービス「TG CLUB」。

ガス使用契約において顧客が債権債務を承継した場合、これらサービスでは顧客名のみ変更し、ガス使用量などの情報はそのまま引き継いで運用していたため、承継前の顧客が承継以前に登録したウェブ照会サービスから、現在の顧客の氏名やガス使用量などが閲覧できるケース(680件)や、承継後の顧客が、承継前のガス使用量などを閲覧できるケース(1931件)が発生していた。

2015年8月5日に、「TG CLUB」においてデータ管理の改善を検討している際に問題が判明。2016年2月12日に「myTokyoGas」においても同様の問題が発覚した。同社では対象となる顧客に連絡し、説明と謝罪を進める。

(Security NEXT - 2016/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ピアノ発表会の申込フォームで個人情報が第三者より閲覧可能に
「Omiai」運営会社の企業サイトで不具合 - 顧客の問い合わせを意図せずキャッシュ
公表資料で個人情報の黒塗り加工に不備 - 岐阜大
水道管調査サイトで一般利用者に管理者IDを誤発行 - 神戸市
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - エムオーテックス
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
キャンペーン応募者の個人情報が閲覧可能に - 人材派遣会社
訪日外国人向けアンケートの回答内容が閲覧可能に - 中部国際空港
旧セミナー申込システムで個人情報流出の可能性 - 沖縄労働局