Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

グリコネットショップに不正アクセス - 最大8.3万件の顧客情報が漏洩した可能性

菓子や飲料を取り扱うオンラインショップ「グリコネットショップ」が不正アクセスを受け、顧客情報が外部へ流出したことがわかった。

20160307_eg_001.jpg
顧客情報漏洩を公表した江崎グリコのウェブサイト

同サイトを運営する江崎グリコによれば、1月29日にクレジットカード会社より情報流出の可能性について指摘があり、2月1日より外部企業による調査を実施。2月29日に調査の最終報告を受けたとして事態を公表した。

漏洩した情報の特定には至っておらず、現行システムを導入した2012年10月12日から、システムを停止した2016年2月3日までに「グリコネットショップ」で注文した最大8万3194件の顧客情報が流出した可能性がある。

流出した情報には、氏名や住所、電話番号、メールアドレス、届け先情報、家族情報のほか、4万3744件に関してはクレジットカードの名義や番号、有効期限が含まれる。

同社では、3月7日に関連する顧客に対して書面を発送。身に覚えのない請求が行われていないかクレジットカードの利用明細書を確認するよう注意喚起を開始した。また通信販売の再開については、システムの安全性を確認した上で再開する予定だという。

(Security NEXT - 2016/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ダイナースクラブ」加盟店でフォーム設定ミス - 個人情報が閲覧可能に
集英社の漫画サイトで別人によるログインが発生 - コイン代金を返金
デザイン建材通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
医療ユニフォームメーカーの通販サイトに不正アクセス - 個人情報が流出
輸入楽譜専門店の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出
労務管理サービスの個人情報流出 - 調査結果を公表
調味料通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
タリーズの通販サイトにサイバー攻撃 - 情報流出など影響を調査
通販サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - JF全漁連
通販サイトで個人情報流出の可能性、警察の連絡で発覚 - 長崎県物産振興協会