Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報記載の名簿を誤って配布 - 積水ハウス

積水ハウスは、従業員が個人情報が記載された名簿を誤って資料に同封し、配布していたことを明らかにした。

関東地方の従業員が、1月26日に住民へ資料を配布した際、近隣住民の氏名や住所、電話番号など24人分の個人情報が記載された名簿を誤って同封、配布したもの。

同社は、誤配布した書類を回収、対象となる関係者へ説明と謝罪を行っている。不正利用などの二次被害は発生していないという。

(Security NEXT - 2016/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国勢調査関係書類が車上荒らしの被害に - 青森市
厚労省の人工呼吸器利用者向け優先配布事業で配送伝票に個人情報を誤記載
国勢調査の関連資料を調査員が紛失 - 平塚市
敬老祝金贈呈調書が所在不明に - 静岡市
要援護者登録者名簿2件が所在不明に、引継過程で - 熊本市
PCR検査申込書の送信先記載にミス、ファックス誤送信が発生 - 群馬県
実物の調査書を見本に使用 - 府立高校
生徒の個人情報紛失で教諭を戒告処分 - 福岡市
保育施設保護者向け書類を誤配布、国保免除申請書の紛失も - 高槻市
高校で生徒と保護者の個人情報含む書類を誤配布 - 大阪市