Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クレカ売上票が運搬過程で所在不明に - 岡山の旅行代理店

岡山県の旅行代理店天満屋トラベルは、クレジットカード売上票が保管センターへ送付する過程で所在不明となっていることを明らかにした。

11月16日、岡山岡南営業所からISSクレジット売上票保管センターへ宅配便で発送。その後12月3日に宅配業者から未着となっているとの連絡があったもので、調査を行っているが、所在がわからない状態だという。

紛失したのは、同営業所で10月16日から11月15日の間に処理したクレジットカード売上票のカード会社控え99件。対象となる顧客は90人で、顧客の署名、ローマ字表記の氏名、カード番号、有効期限、購入金額などが記載されている。情報の不正利用は確認されていない。

同社では、クレジットカード会社と連携して必要な対応を行うとしている。

(Security NEXT - 2015/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

古着通販サイトに不正アクセス - 警察からの連絡契機に改ざん発見
サイト改ざんでクレカ情報流出の可能性 - スケートボード専門店
美容品販売サイトでクレカ情報流出か - 不正利用の可能性
出光クレジットの会員サイトで情報流出の可能性 - 外部サービスが改ざん
事業者向けDIY通販サイトに不正アクセス - サービス開始から約2週間で被害
延滞情報などを誤送信、メール宛先に無関係の委託先 - アプラス
複数サーバでデータが暗号化、顧客情報流出の可能性も - 玄関マット製造会社
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
決済会社にサイバー攻撃、影響受けた可能性 - フランス文化センター
スニーカー通販サイト、顧客情報流出の可能性 - リニューアル前の被害が判明