Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

深刻な「Joomla!」の脆弱性を狙う攻撃が発生中

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「Joomla!」に深刻な脆弱性が見つかり、10月22日にアップデートが公開されたが、早くも脆弱性に対する攻撃が発生している。

同CMSのコアエンジンに、リモートから管理者権限を奪取できる深刻なSQLインジェクションの脆弱性「CVE-2015-7857」など、複数の脆弱性が判明。開発者チームは、10月22日にアップデート「同3.4.5」を公開した

すでに海外のセキュリティベンダーである「sucuri」が攻撃を検知。国内においても、警察庁が10月27日に件数は少ないものの、同庁の観測システムで国外2種類のIPアドレスを発信元とした脆弱性を探索するアクセスを確認したという。

直接脆弱性を直接悪用するものではないが、アクセス元や具体的な目的などは不明。同庁では、攻撃が行われる可能性もあるとして、「Joomla!」の利用者に対して注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
MS、定例外で2件のアップデートをリリース
「phpMyAdmin」に「SQLi」や「XSS」の脆弱性
AMDのオーバークロックソフトやグラフィックドライバに脆弱性
eコマースプラットフォーム「Magento」に複数の深刻な脆弱性
パロアルト製品に複数の脆弱性 - 深刻なRCE脆弱性も
QNAP製NASのアプリに深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
「Outlook」にRCE脆弱性 - プレビューだけで悪用のおそれ
MS、月例パッチで脆弱性87件を修正 - 6件が公開済み
「Apache Tomcat」に情報漏洩の脆弱性 - 更新を