Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobe、「Flash Player」の深刻な脆弱性を修正 - 72時間以内に対応を

Adobe Systemsは、深刻な脆弱性を解消する「Adobe Flash Player」のアップデートを公開した。

20151014_as_001.jpg
脆弱性13件を解消した「APSB15-25」

今回公開した「APSB15-25」は、メモリ破壊の脆弱性6件や解放済みメモリへアクセスする脆弱性4件など、あわせて13件の脆弱性を解消した。すべてのプラットフォームが影響を受けるとしており、脆弱性を悪用された場合、システムの制御を奪取されるおそれがある。

同社は「Windows」「Mac OS X」およびブラウザの同梱版に対して最新版となる「同19.0.0.207」を提供。最新版へアップデートできないユーザーに対しては、延長サポート版「同18.0.0.252」を用意した。

またLinux向けに対しては「同11.2.202.535」を提供。「Adobe AIR」や「同SDK」に関しては「同19.0.0.213」を公開した。

同社は適用優先度について、「Windows」「Mac OS X」およびブラウザ同梱版については、72時間以内のアップデートを推奨する3段階中もっとも高い「1」、それ以外については、もっとも低い「3」にレーティングしている。

今回修正した脆弱性は以下のとおり。

CVE-2015-5569
CVE-2015-7625
CVE-2015-7626
CVE-2015-7627
CVE-2015-7628
CVE-2015-7629
CVE-2015-7630
CVE-2015-7631
CVE-2015-7632
CVE-2015-7633
CVE-2015-7634
CVE-2015-7643
CVE-2015-7644

(Security NEXT - 2015/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware SD-WAN Orchestrator」に複数脆弱性 - 修正版が公開
「Hibernate ORM」に「SQLインジェクション」の脆弱性
「Firefox 83」公開、HTTPS限定モードを追加 - 脆弱性21件を修正
「ウイルスバスタークラウド」に任意のファイルが削除できる脆弱性
Ciscoのセキュリティ管理製品に深刻な脆弱性 - 修正版にも脆弱性
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
「Microsoft Edge」にアップデート - ゼロデイ脆弱性に対処
CPU消費電力から暗号化キー解析できる攻撃「PLATYPUS」が判明
「macOS High Sierra」「Mojave」向けにアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
Apple、「macOS Catalina 10.15.7」など公開 - ゼロデイ脆弱性3件を修正