Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国勢調査の世帯一覧を訪問先に置き忘れ - 平塚市

神奈川県平塚市は、国勢調査の調査員が、100世帯分の個人情報が記載された調査関係書類を紛失したと発表した。

9月29日10時半ごろ、調査員が調査対象世帯を訪問した際、関係書類を挟んだバインダーを訪問宅の玄関先に置き忘れたもの。翌30日に書類を整理しようとしたところ、紛失に気付いたが、書類を置き忘れた訪問先の世帯とも連絡が取れないという。

紛失したのは調査世帯一覧8枚で、約100世帯の世帯主氏名、住所、世帯員数が記載されている。そのほか、調査区内の地図なども含まれる。

同市では、調査員に厳重注意を行った。対象となる世帯には、市職員が直接訪問し説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2015/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市
国勢調査関連の世帯一覧を紛失 - 佐倉市
国勢調査関係書類が車上荒らしの被害に - 青森市
国勢調査の関連資料を調査員が紛失 - 平塚市
調査員が国勢調査の調査世帯一覧を紛失 - 泉南市
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - つくば市
国勢調査の調査員が個人情報含むメモを一時紛失 - 江戸川区
国勢調査の関係書類を世帯訪問中に紛失 - 大阪市
世帯情報含む国勢調査の関係書類を紛失 - 大磯町
国勢調査関係書類を調査員が紛失 - 笠間市