Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSI、InterSafe CATSをマイナーバージョンアップ

アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は、ウェブフィルタリングサービスの新版「InterSafe CATS 4.3」を9月28日より提供開始する。

同サービスは、「Windows」「iOS」「Android」に対応したクラウド型のウェブフィルタリングサービス。ポリシー設定やログ管理などクラウド上で社内外の端末からのウェブアクセスを一元管理する。

最新版では、Windows版において特定のアプリケーションのみフィルタリングする機能を追加したほか、デバッグ情報を取得したり、強制アンインストールなどが行える「サポートツール機能」を追加した。

価格は、5から99ユーザーで1年間利用の場合、1ユーザーあたりの料金は一般ライセンスが3240円から。ガバメントライセンスが2916円から。アカデミックライセンスが2592円から。

(Security NEXT - 2015/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
情報流出を狙った攻撃が5割超 - 脆弱性探索も
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
フィッシングURL件数、5月も4000件台と高水準 - 報告件数は1.4万件超に