Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、ログを分析して脅威の痕跡を調査するサービス

シマンテックは、ログ解析により、不正通信やマルウェアなどの痕跡を調査する新サービスを開始した。

今回開始した「不審通信・不審ファイル痕跡調査サービス」は、プロキシなどのログを解析し、同社が保有する脅威情報をもとに、感染したマルウェアによる不正通信やファイルなどの痕跡を調査するアセスメントサービス。痕跡が見つかった場合は、リスクレベルを評価する。

また、端末のファイルスキャンを実行し、不審なファイルを洗い出すオプションを用意。調査結果は7営業日以内に提出する。参考価格は50万円。

(Security NEXT - 2015/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CrowdStrike、「Log4j」の無料検索ツールを公開 - 複数OS向けに用意
「Log4Shell」の有無やログ内の攻撃痕跡を無料調査 - SHIFT SECURITY
在宅勤務時の印刷履歴が把握できるサービス - エプソン
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
最大7年分のPC操作ログを保管、検索できるクラウドサービス
PC認証システムにマスク着用にも対応した顔認証機能 - CEC
「FFRI yarai」に新版、ログの収集機能を強化 - FFRI
サポート切れ製造業システムの移行支援サービス - CEC
SIEMによる従業員の異常行動分析を支援 - ALSI
セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル