Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows版PHPの一部関数にコマンドインジェクションの脆弱性

Windows版のPHPにコマンドインジェクションの脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「escapeshellarg」関数において、任意のOSコマンドが実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2015-4642」が含まれていることが判明したもの。

修正版として「同5.6.10」「同5.5.26」「同5.4.42」が提供されている。今回の脆弱性は、Masahiro Yamada氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

(Security NEXT - 2015/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開
Ivanti製品の侵害、以前のツールでは検証回避のおそれ
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート