Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PayPal偽装のフィッシング - 「アカウントを一時停止している」

PayPalを装い、偽サイトへ誘導するフィッシング攻撃が確認されたとして、フィッシング協議会が注意喚起を行った。

問題のメールは「アカウントが一時的に停止します」といった件名で流通しており、アカウントに異常が発生したため一時的に停止しているなどと説明。解決するには本文に記載されたリンクからログインする必要があるなどと騙す手口だった。

メールの文章を見ると、「私たちはあなたのアカウントで異常な活動を見るので」など、機械翻訳を利用したと見られる不自然な表現が含まれる。

誘導先のフィッシングサイトは、7月8日の時点で稼働が確認されており、同協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼した。

同協議会では、フィッシングサイトにメールアドレスやパスワードなどを入力しないよう注意喚起を行うとともに、類似のフィッシングサイトやメールを発見した際には連絡するよう求めている。

(Security NEXT - 2015/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
「ポケットカード」装うフィッシングに注意
「アプラス」装うフィッシング攻撃に注意 - 「新生銀行カード」名乗るケースも
フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」
UCSカード利用者を狙うフィッシング - 目立つ不自然な日本語、簡体字も
10月のフィッシング報告、過去最高更新 - URLは約17%減
2020年2Qのフィッシング攻撃は35%減、国内ホストは32件 - RSA調査
不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG