Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PayPal偽装のフィッシング - 「アカウントを一時停止している」

PayPalを装い、偽サイトへ誘導するフィッシング攻撃が確認されたとして、フィッシング協議会が注意喚起を行った。

問題のメールは「アカウントが一時的に停止します」といった件名で流通しており、アカウントに異常が発生したため一時的に停止しているなどと説明。解決するには本文に記載されたリンクからログインする必要があるなどと騙す手口だった。

メールの文章を見ると、「私たちはあなたのアカウントで異常な活動を見るので」など、機械翻訳を利用したと見られる不自然な表現が含まれる。

誘導先のフィッシングサイトは、7月8日の時点で稼働が確認されており、同協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼した。

同協議会では、フィッシングサイトにメールアドレスやパスワードなどを入力しないよう注意喚起を行うとともに、類似のフィッシングサイトやメールを発見した際には連絡するよう求めている。

(Security NEXT - 2015/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブサーバが迷惑メール送信の踏み台に - タカラベルモント
メールサーバがフィッシングメールの踏み台に - 広済堂HD子会社
フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用
水道局を装う偽メールに注意 - 「未払料金ある」と誘導
健康器具メーカーのインスタアカが乗っ取り被害 - フィッシングで
警察庁、サイバー被害のオンライン通報窓口を設置 - 相談なども対応
NTTドコモ、スミッシング攻撃の踏み台端末に注意喚起 - 7月上旬から
「違法情報」の通報が約28.2%増 - 「犯罪実行者募集」は4000件超
フィッシング報告が前月比約35%減 - 悪用URLは約23%増
1年で不正サイトへのアクセス7億件をブロック - 前年から4割増