Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

石油連盟に標的型攻撃、マルウェアによる外部通信が判明

石油連盟が標的型攻撃を受け、パソコンにマルウェアが感染していたことがわかった。外部と通信が行われていたという。

20150610_oa_001.jpg
マルウェア感染を公表した石油連盟

同団体によれば、メールを用いた標的型攻撃を受けたもので、同団体が利用するパソコンにマルウェアが感染。外部と通信していることが6月5日に判明した。

同団体では、マルウェア感染の発覚を受け、緊急対策本部を設置。現在は外部の協力のもと、被害の拡大防止や調査を進めている。

(Security NEXT - 2015/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

都内中小企業のセキュリティ対策支援事業を実施 - 東京都
生保が契約法人向けに標的型攻撃メール訓練サービスを展開
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
標的型攻撃メール訓練を刷新、セルフ実施を支援 - ラック
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
米政府、マルウェア「TrickBot」展開する標的型攻撃で注意喚起
初動から復旧支援までインシデント対応を支援 - テクマトリックス
SOCで「Exchange Server」への攻撃は未観測、PoCも未確認 - ラック