Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

石油連盟に標的型攻撃、マルウェアによる外部通信が判明

石油連盟が標的型攻撃を受け、パソコンにマルウェアが感染していたことがわかった。外部と通信が行われていたという。

20150610_oa_001.jpg
マルウェア感染を公表した石油連盟

同団体によれば、メールを用いた標的型攻撃を受けたもので、同団体が利用するパソコンにマルウェアが感染。外部と通信していることが6月5日に判明した。

同団体では、マルウェア感染の発覚を受け、緊急対策本部を設置。現在は外部の協力のもと、被害の拡大防止や調査を進めている。

(Security NEXT - 2015/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」
米子会社に不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 東京化成工業
3Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんは増加
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
メール訓練のノウハウをまとめた手引書を公開 - NCA
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
Facebookビジネスアカウントの乗っ取り攻撃 - LinkedInで攻撃対象を物色
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
2021年度下半期、標的型攻撃対応で62件の緊急レスキュー実施
セキュリティ対策に貢献した研究者や実務者に感謝状 - JPCERT/CC