Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数のバッファロー製無線LANルータに脆弱性

バッファローが提供する複数の無線LANルータに「OSコマンドインジェクション」の脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、バッファローが提供する「WHR-1166DHP」「WSR-600DHP」「WHR-600D」「WHR-300HP2」「WMR-300」「WEX-300」「BHR-4GRV2」の一部ファームウェアに脆弱性「CVE-2014-9284」が存在するという。

同脆弱性が悪用されると、管理画面へログイン権限があるユーザーによって、任意のOSコマンドを実行されるおそれがある。脆弱性を修正するファームウェアが公開されており、同社やセキュリティ機関ではアップデートを呼びかけている。

今回の脆弱性は酒井雅志氏と小河哲之氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

(Security NEXT - 2015/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請