Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィーの統合管理ソフトに複数の脆弱性

マカフィーの統合管理ソフト「McAfee ePolicy Orchestrator(ePO)」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。アップデートが公開されている。

脆弱性の影響を受けるのは「同5.1.1」および「同4.6.8」で、以前のバージョンも含まれる。「ePO」は、暗号化通信に対応しているが、電子証明書の検証処理に脆弱性「CVE-2015-2859」が含まれており、中間者攻撃やなりすましのおそれがある。

またアクセス許可があるユーザーによって悪意ある「XML定義」を読み込ませる脆弱性が存在。さらに同脆弱性に対する攻撃が可能となる場合、「Metasploit」を用いてデータベース構成プロパティなど、「ePO」からシステムのファイルを読み取ることが可能になるという。

同社では、脆弱性を修正した「同5.1.2」を用意。また「同4.6.9」に関しては2月より提供を開始している。同社やセキュリティ機関ではアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
WP向けプラグイン「WP User Frontend」に深刻な脆弱性 - PoC公開済み
「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性
ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開
「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」
Google、ブラウザ最新版「Chrome 108」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性
オープンソースの検索エンジン「OpenSearch」に脆弱性