Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィーの統合管理ソフトに複数の脆弱性

マカフィーの統合管理ソフト「McAfee ePolicy Orchestrator(ePO)」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。アップデートが公開されている。

脆弱性の影響を受けるのは「同5.1.1」および「同4.6.8」で、以前のバージョンも含まれる。「ePO」は、暗号化通信に対応しているが、電子証明書の検証処理に脆弱性「CVE-2015-2859」が含まれており、中間者攻撃やなりすましのおそれがある。

またアクセス許可があるユーザーによって悪意ある「XML定義」を読み込ませる脆弱性が存在。さらに同脆弱性に対する攻撃が可能となる場合、「Metasploit」を用いてデータベース構成プロパティなど、「ePO」からシステムのファイルを読み取ることが可能になるという。

同社では、脆弱性を修正した「同5.1.2」を用意。また「同4.6.9」に関しては2月より提供を開始している。同社やセキュリティ機関ではアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
「Pulse Connect Secure」脆弱性で国内法人もアナウンス
法人向けトレンドマイクロ製品の既知脆弱性を狙った攻撃が発生
Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ390件の脆弱性を修正
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
VPN製品「Pulse Connect Secure」にゼロデイ攻撃 - アップデートは5月上旬
「Chrome 90.0.4430.85」が公開、複数脆弱性を修正 - すでに悪用コードも
「SonicWall Email Security」にゼロデイ攻撃 - 修正プログラムがリリース
米政府、「Pulse Connect Secure」のゼロデイ脆弱性対応で緊急指令
「Firefox 88」が登場、13件の脆弱性を修正