Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

全世界で情報漏洩は10億件超に - ベネッセ事件の深刻度は6番目

Gemaltoは、2014年にワールドワイドで発生した情報漏洩の状況について取りまとめた。ベネッセコーポレーションの情報漏洩について、6番目に深刻な内容だったと分析している。

同調査は、従来「BREACH LEVEL INDEX」として米SafeNetが実施しているが、買収により今回は親会社となったGemaltoが結果を公表したもの。

2014年にワールドワイドで発生した情報漏洩は1541件。漏洩したデータの件数は10億2310万8267件に達した。54%が盗難によるもので、特に金融に関するデータに対するアクセスが他情報に比べ、目立つという。

また上位を見ると、米国と韓国が3件と目立つ。また日本、中国でそれぞれ1件が入り、アジア地域が半分を占めた。日本からランキングした事件は、ベネッセコーポレーションの顧客情報漏洩事件だが、2014年において世界で6番目に深刻度の高い被害だったと同社では分析している。

同社による深刻度のランキングは以下の通り。

1位:Home Depot(米国)
2位:JP Morgan Chase(米国)
3位:Cyber Vor(世界規模)
4位:eBay(米国)
5位:複数カード会社(韓国)
6位:ベネッセコーポレーション(日本)
7位:オンラインゲーム関連サイト(韓国)
8位:AliExpress(中国)
9位:医療関係者(韓国)
10位:フェルデン(ドイツ)

(Security NEXT - 2015/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も
大企業の17.8%、在宅勤務でセキュリティ上の問題が発生
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
2020年1Qの脆弱性DB登録は4520件 - EOL「Windows 7」も件数上位に
「Apache Tomcat」の脆弱性狙うアクセスに注意
セキュ対策先進企業、自動化や機械学習に注力 - 検知や復旧速度に差
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
中小企業の1割、Windows 10への移行「考えていない」