Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「サイバーセキュリティ月間」がまもなくスタート - 3月18日まで

政府は、サイバーセキュリティの関心を高め、理解を深めるために、「サイバーセキュリティ月間」を展開する。「サイバーセキュリティ・カフェ」や、府省庁対抗による競技形式の訓練なども予定している。

政府は、「情報セキュリティ月間」の名称を今回より「サイバーセキュリティ月間」に変更。2月1日から、「サイバー」の語呂合わせである3月18日までを「サイバーセキュリティ月間」とし、政府機関をはじめ、関係機関、団体などと協力して普及啓発活動を推進する。

キャッチフレーズは、これまで同様「知る・守る・続ける」。2月2日のキックオフ・シンポジウムを皮切りに、期間中は、全国各地でセキュリティ啓発に関するイベントが開催されるほか、ポスター掲示なども行われる。

また「国民を守る情報セキュリティサイト」をはじめ、インターネット経由の情報発信を強化。一般や学生向けに「サイバーセキュリティ・カフェ」の開催するほか、府省庁対抗による競技形式の事案対処訓練などを予定している。

(Security NEXT - 2015/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング報告が初の5万件超、毎分約1.2件 - URL数も記録更新
「Azure Cosmos DB」に深刻な脆弱性 - 利用者はリスク軽減を
フィッシングサイトが増加 - 1カ月あたり8000件超、過去最多
委託先が削除証明書提出済みの個人情報入り資料を誤送付 - 神奈川県
4月から5月の個人情報関連ミスは9件 - 大阪市
コクヨ販売店の検索サイト改ざん、2020年7月に発生
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
「Mirai」国内感染ホスト、約半数がロジテック製ルータ
生保が契約法人向けに標的型攻撃メール訓練サービスを展開
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増