Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Flash Player」のアップデートが公開 - 深刻な脆弱性を解消

Adobe Systemsは、複数の脆弱性に対処した「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートを公開した。「Windows」や「Mac OS X」では、72時間以内にアップデートするよう推奨している。

今回のアップデートでは、メモリ破壊の脆弱性「CVE-2015-0303」「CVE-2015-0306」をはじめ、ヒープバッファフローの脆弱性「CVE-2015-0304」「CVE-2015-0309」、キー入力した情報が漏洩するおそれがある脆弱性「CVE-2015-0302」など、あわせて9件の脆弱性を修正した。脆弱性が攻撃を受けると、システムの制御を奪われるおそれがある。

同社は「Windows」および「Mac OS X」に対し、脆弱性を解消した「同16.0.0.257」を提供。また最新版を利用できないユーザーに対しては「同13.0.0.260」、「Linux」向けに「同11.2.202.429」を用意した。

「Chrome」や「Internet Explorer」の同梱版についても、各ソフトのアップデート経由で「同16.0.0.257」を提供。「Adobe AIR」や「同SDK」に対しては「同16.0.0.272」、デスクトップ向けのランタイムとして「同16.0.0.245」を公開している。

適用優先度は、「Windows」「Mac OS X」およびブラウザ同梱版については、3段階中もっとも高い「1」に設定。72時間以内のアップデートを呼びかけている。また「Linux」や「Adobe AIR」についてはもっとも低い「3」とした。

(Security NEXT - 2015/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WP向けプラグイン「SiteGuard WP Plugin」に脆弱性 - アップデートを
Trellixの不正侵入防止製品に複数脆弱性 - アップデートを
「Chrome」にアップデート - 複数の脆弱性に対応
6月末で「CentOS 7」のサポートが終了 - 移行状況の確認を
Java向け機械学習ライブラリに深刻な脆弱性 - 5月のアップデートで修正
「VMware vCenter Server」に複数の深刻な脆弱性 - 早急に対応を
「Azure ML」に脆弱性 - 悪用痕跡見つからず、すでに修正済み
ASUS製ルータに複数脆弱性、一部モデルは深刻な影響も
「WooCommerce Social Login」に脆弱性 - アップデートで修正
脆弱性悪用リストに「Windows」や「Google Pixel」など3件追加 - 米当局