Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイト上で介護事業所代表者の個人情報を誤公開 - 宮城県

宮城県は、介護事業所の代表者や管理者の個人情報を、誤ってウェブサイト上で9カ月間にわたり公開していたことを明らかにした。

同県のウェブサイトで公開している介護事業者の指定などに関する情報において、965事業所の法人代表者と事業所管理者1401人分の住所や電話番号などの個人情報を、2月27日から誤って掲載していたことが判明したもの。11月25日に、個人情報の掲載を指摘するメールがあり、問題に気が付いたという。

同県では公開を停止。対象となる事業所に書面で謝罪した。ウェブサイトでの情報公開前に、公開内容を複数の職員で確認するなど再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2014/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

二十歳の集い対象者の個人情報を市サイトで誤公開 - 美馬市
申込用に公開した表計算ファイルに個人情報 - 都立豊島病院
データのアップロード先を誤り、生徒情報が流出 - 都立高校
クラウドの誤設定で顧客情報がアクセス可能に - 衣料品メーカー
第三者のYouTube動画に患者の電子カルテ情報 - 群大付属病院
内閣府のNPO法人ポータルに個人情報を誤掲載 - 相模原市
子ども預かり支援サイトで設定ミス、非公開の氏名が閲覧可能に - 横浜市
ランサム被害のイズミ、侵入経路はVPN - システムは概ね復旧
LINEヤフー、個情委に報告書を提出 - 進捗状況知らせるページも
開示したNPO法人事業報告書で墨塗り漏れが判明 - 山口県