Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、予告より2件少ない月例パッチ14件 - 脆弱性33件を解消

深刻度が1段階低い「重要」のプログラムは8件。そのうち「MS14-070」で修正したTCP/IPの脆弱性「CVE-2014-4076」についてはすでに公開されている。それ以外に関しては、更新プログラムの提供開始時点で悪用や公開は確認されていない。

「MS14-069」では、リモートでコードを実行されるおそれがあるOffice の脆弱性3件を解消したほか、「.NET Framework」「Windowsオーディオサービス」「SharePoint Foundation」において特権の昇格が生じる問題に対応。

「リモートデスクトッププロトコル」「IIS」に関してはセキュリティ機能がバイパスされる問題に対処した。「Active Directoryフェデレーションサービス」における情報漏洩の問題を解決した。

のこる2件は、さらに1段階低い「警告」のプログラム。日本語版IMEにおける特権の昇格やカーネルモードドライバーのサービス拒否といった脆弱性を修正。「MS14-078」で修正したIMEの脆弱性「CVE-2014-4077」に関しては、すでに悪用が確認されている。

(Security NEXT - 2014/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、4月の月例パッチで脆弱性147件に対応 - 1件は悪用済み
「WordPress 6.5.2」が公開 - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
Adobe、9製品にアップデート - 3製品に「クリティカル」の脆弱性
「FortiOS」に3件の脆弱性 - アップデートにて修正
WP向けeラーニングプラグインに再度深刻な脆弱性が判明
Fortra製ワークフロー管理ツールのエージェントに深刻な脆弱性
「WordPress」に脆弱性 - 1月のアップデートで修正済み
「Node.js」が脆弱性2件を修正 - さらなるアップデートも予定
WPプラグイン「LayerSlider」に深刻な脆弱性 - 発見者は報奨金最高額を獲得