Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国民健康保険料払込書の控えを紛失、拾得者が廃棄 - 北九州市

北九州市小倉北区役所において、国民健康保険料の払込書控え12件の紛失が発生した。保険料徴収員が訪問先で落としたものの、拾得後にゴミとして廃棄されていたという。

10月31日に保険料徴収員が、保険料を集金して銀行へ入金した際の12人分の払込書控えを紛失したもの。入金や集金などの業務を終えて帳票を整理した際に、帳票を入れていたケースがないことに気が付いたという。

連休明けの11月4日に、最後に訪問した被保険者へ電話で確認したところ、玄関先でケースを見つけたものの、不要なものと判断して廃棄したあとだったという。

紛失した払込書控えには、被保険者の氏名、住所、保険証番号などが記載されていた。同区では対象となる被保険者に連絡し、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2014/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学教諭が答案用紙を電車内に置き忘れて紛失 - 仙台市
指導手帳を一時紛失、電車内に置き忘れ - 神戸市中学校
患者情報含むPCをタクシー内に置き忘れて紛失 - 大阪労災病院
受講生の個人情報を置き忘れて紛失 - バスケットボール教室
生徒情報など含む名簿を一時紛失、公衆電話で住民発見 - 大阪の支援学校
自立支援センター入退所者の個人情報を紛失 - 大阪市
統計調査員の個人情報含む研修名簿を紛失 - 大阪市
個人情報含む工事図面を路上に置き忘れ - 大阪市
中学校で生徒情報含む資料が所在不明 - 大泉町
患者の顔画像含むタブレット端末を紛失 - 国立精神・神経医療研究センター