Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校全校児童の個人情報を記載した資料を紛失 - 大阪市

大阪市立野里小学校の教員が、全校児童349人の個人情報を記載した班編成表を紛失したことがわかった。

同市教委の発表によれば、同校では10月31日に全校児童による遠足を実施したが、引率した教職員が指導のために持ち出した児童の班編成表が所在不明となっているもの。全校児童349人の氏名、学年、クラスが記載されていた。

遠足終了後、学校へ戻ったところ、教員1人が所持していた班編成表の紛失が判明。活動場所、移動経路などの捜索を行ったが発見できなかった。同校では保護者に対し、書面で報告や謝罪を行う。

(Security NEXT - 2014/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明に - 茂原市
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市
誤送付や紛失など個人情報の関連事故15件 - 大阪市
一部敬老行事対象者リストが所在不明 - 静岡市
国勢調査関連の世帯一覧を紛失 - 佐倉市
個人情報含むUSBメモリ紛失、車上に置いたまま発車 - 加須市
国勢調査関係書類が車上荒らしの被害に - 青森市
プレゼント応募者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 関西テレビ
加工前映像含む記録媒体が放送センター内で所在不明に - NHK