Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱東京UFJ銀の利用者狙うフィッシングに注意を

三菱東京UFJ銀行を装い、アカウント情報を騙し取るフィッシング攻撃が発生している。同行やフィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。

20140919_ap_001.jpg
今回確認されたフィッシングサイト

問題のメールは「個人情報が一部のネットショップサーバに不正取得され、個人情報漏洩事件が起きた」などと説明。システムをアップグレードしており、アカウントが凍結されないよう登録を確認するよう促す内容だった。誘導先の偽サイトでは、契約番号やログインパスワードなど銀行のアカウント情報を騙し取る。

メールの文面では、「こんにちは!」という金融機関のメールとは思えない書き出しや、オンラインショップに個人情報を取得されるなど奇抜な内容で不自然な点も目立つが、異なる文面も出回っている可能性があり注意が必要。

フィッシングサイトは、9月19日の時点で稼働していることが確認されており、サイトのテイクダウンに向けて同協議会ではJPCERT/CCへ調査を依頼。また類似するフィッシングへ注意を促すとともに、類似したフィッシング攻撃を見かけた場合は、情報提供してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/09/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
2020年3Qフィッシング、前四半期の約4分の3に - RSAまとめ
2020年2Qのフィッシング攻撃は3割減、国内ホストは32件 - RSA調査