Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OSSのセキュリティゲートウェイ「CacheGuard」に脆弱性

CacheGuard Technologiesが開発するオープンソースのセキュリティゲートウェイに脆弱性が含まれていることがわかった。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

「CacheGuard OS 5.7.7」において、クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)が含まれていることが判明したもの。ログインしているユーザーに細工したウェブページへアクセスさせることで、不正な操作が行われる可能性がある。

脆弱性は、すでに「CacheGuard-OS NG v1.0.0」にて修正されているという。

(Security NEXT - 2014/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性に悪用の動き - 米政府が注意喚起
FBI、「FortiOS」脆弱性について再度注意喚起 - 5月以降も被害が
SAML認証ライブラリ「Lasso」に脆弱性 - ライブラリ依存の幅広い製品へ影響
「Firefox 89」をリリース、9件の脆弱性を修正 - iOS版も更新
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
WordPress向けSEOプラグインに脆弱性 - アップデートが公開
脆弱性の連鎖、「Nagios」の集中管理環境全体が掌握されるおそれ
「ISC DHCP」に脆弱性、クライアントとサーバのいずれも影響
ウェブサーバ「nginx」に脆弱性、アップデートが公開