Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法人顧客の従業員情報が流出した可能性、原因調査中 - NTTドコモ

NTTドコモは、法人向け保守運用サービスを利用する顧客企業の従業員1053人分に関する個人情報が、外部に流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、流出の可能性があるのは、モバイル端末の故障対応や契約変更などを専用のサービスデスクが代行する「法人モバイル管理サービス」において、顧客企業から預かっている端末利用者情報の一部。

同社では、同サービスの顧客管理システムから作業用として一時的に管理情報を抽出し、「法人ファイル共有システム」で作業を行っおり、一時的に72社13万件の管理情報を保管していたが、そのうち1社の従業員1053人分の情報が流出した可能性があるという。社名や会社住所のほか、従業員の氏名、住所、業務用携帯電話番号、所属部署などが含まれる。

同社は、外部からの不正アクセスによる流出ではないことを確認していると説明。社内調査を進めるとともに、警察へ被害届の提出に向けて準備している。また、対象となる顧客には謝罪した。

(Security NEXT - 2014/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報を別の口座振替収納企業へ誤送付 - 西京信金
駐車施設付置届出書含むバックアップ用USBメモリが所在不明 - 川崎市
公文書閲覧システムに個人情報など不開示情報を誤掲載 - 埼玉県
内閣府のNPO法人ポータルに個人情報を誤掲載 - 相模原市
X線読影システムのランサム被害、VPN経由で侵入 - 埼玉県健康づくり事業団
法人カード利用企業の情報をメールで誤送信 - UPSIDER
開示したNPO法人事業報告書で墨塗り漏れが判明 - 山口県
事業の実践報告会参加者宛てメールで誤送信 - 大阪府
認定農業者に調査票を誤送付、名簿の宛名と住所にずれ - 三重県
USBメモリを紛失、暗号化済みだがPW貼付 - NEXCO西日本