Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報入りファイルから賠償額を試算 - 期間限定で無償ツール

レピカは、個人情報を含むファイルを検出し、想定損害賠償額を試算するツールを期間限定で無料提供する。

同社の個人情報検出ツール「P-Pointer」の一部機能を備えた無償ツールを10月末までの期間限定で提供するもの。

同ツールでは、パソコンの内部に保存されている人名や地名、メールアドレス、電話番号といった個人情報を含むファイルを検出。検出したファイルのなかでもっとも多くの人名を含むファイル1件に対して想定損害賠償額を試算する。

試算額は、日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)が発表したひとりあたりの想定損害賠償額の4万4628円をもとに、ファイルに含まれる人名の件数を乗じて計算するという。

(Security NEXT - 2014/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

届け先の個人情報を二次元コード化、置き配時の個人情報漏洩対策 - ヤマト運輸
段ボールの開梱機能を搭載した個人情報保護スタンプ - プラス
ドコモ、個人情報の流出モニタリングサービス
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
グローバル拠点のサイバーリスクを評価するサービス - 東京海上日動
「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
個人情報含むファイルを検出し、傾向と対策を示すサービス
企業戦略としてテレワーク、導入時の課題やリスクは?