Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

システム不具合で顧客情報が閲覧可能に - サタケ

精米機など穀物関連機械や食品の製造販売を展開するサタケは、システムの不具合により、登録した顧客情報がほかの顧客から閲覧できる状態だったことを明らかにした。

不具合が発生したのは、穀物の色彩や形状を測定する粒状物外観測定器「グレインスキャナー」を購入した顧客向けシステム。

同システムでは、登録すると、ソフトウェアや取扱説明書などがダウンロードできるしくみだが、登録した情報の編集画面に、ほかの顧客の登録情報が表示される状態になっていたことが8月25日に判明したという。

閲覧可能だったのは、顧客の氏名や国名、メールアドレス、システムにログインする際のIDとパスワードなどで、同事象は2013年3月から発生していたと見られる。不正利用などは確認されていない。

同社ではシステムを停止した上で、不具合を修正。全顧客のパスワードを変更したうえで、システムを再開する。

(Security NEXT - 2014/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

予約サイト「EPARK」で別会員情報を誤表示 - キャッシュ処理で不具合
通販顧客のメールアドレスが流出 - 入浴剤通販サイト
「Omiai」運営会社の企業サイトで不具合 - 顧客の問い合わせを意図せずキャッシュ
「ワクチン接種予約システム」の脆弱性、個人情報500件閲覧の可能性
PCR検査依頼書を無関係の企業へメール誤送信 - 米子保健所
クイズ応募者情報を誤表示、負荷分散サービスの設定ミスで - 岡山放送
生活保護関係書類で誤印字、別世帯の個人情報 - 神戸市
経産省の中小企業支援サイトで個人情報が閲覧可能に
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
ネットスーパーで無関係の顧客情報が表示される不具合 - ヤオコー