Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通のサーバソフトにXSSの脆弱性 - アップデートが公開

富士通のサーバ管理ソフトウェア「ServerView Operations Manager」に脆弱性が含まれていることがわかった。脆弱性を修正したアップデートが公開されている。

同社によれば「同V5.00.09」から「同V6.30.05」までのバージョンに、クロスサイトスクリプティングの脆弱性「CVE-2014-3898」が存在。悪用されると、ユーザーのブラウザ上で任意のスクリプトを実行されるという。

同社では、脆弱性を解消した「同V6.30.07」を公開。またポートへアクセス制限を行うことによる緩和策についてアナウンスしている。

今回の脆弱性は、グローバルセキュリティエキスパートの塚本泰三氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。修正にあたり、JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

(Security NEXT - 2014/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
Zohoのアクセス管理製品にあらたな脆弱性 - 6月判明の脆弱性はすでに攻撃対象
PHPテンプレートエンジン「Twig」に脆弱性 - 「Drupal」にも影響
「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性
機密情報管理の「HashiCorp Vault」に脆弱性 - アップデートを
「PHP 8.1.11/7.4.32」が公開に - 複数の脆弱性を解消
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処