Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

人気メーラー「Becky!」に脆弱性 - 修正版が公開

「Becky! Internet Mail」に、バッファオーバーフローが発生し、任意のコードが実行可能となる脆弱性が含まれていることがわかった。修正版が公開されている。

リムアーツによれば、脆弱性は「同Ver.2.67」および以前バージョンに存在。POPサーバが乗っ取られて細工されると、同ソフトの接続時にバッファオーバーフローが発生し、任意のコードを実行されるおそれがあるという。IMAP接続に関しては影響を受けない。

同社では脆弱性を修正した「同Ver.2.68」を公開した。今回の脆弱性は、サイバーディフェンス研究所の林真吾氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。修正にあたりJPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

(Security NEXT - 2014/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Rancher」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
「MS Edge」にセキュリティアップデート - 独自含む脆弱性6件を修正
東芝テックや沖電気の複合機、脆弱性43件が明らかに
SonicWall製機器の「VPN」などにDoS脆弱性 - アップデートで修正
セキュリティアドバイザリのレーティングを引き上げ - Zoom
「Juniper Secure Analytics」のアップデートで200件以上の脆弱性を解消
Fortraのファイル転送ソリューション「FileCatalyst」に脆弱性
Atlassian、6月のセキュリティアドバイザリを公開
ファッション通販「ZOZOTOWN」のAndroidアプリに脆弱性
WP向けプラグイン「SiteGuard WP Plugin」に脆弱性 - アップデートを