Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載の名簿を強風に飛ばされ紛失 - JAぎふ

ぎふ農業協同組合は、顧客情報が記載された名簿が風に飛ばされ、川に落下してそのまま紛失したことを公表した。

5月2日、橋の付近で強風にあおられ、顧客情報を記載した名簿1枚を紛失したもの。名簿は川に落下し、そのまま流されたという。紛失した名簿には、13世帯23人分の氏名、住所、電話番号が記載されていた。同組合では、対象となる顧客に経緯を説明するとともに、謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2014/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む廃棄文書が運搬中に飛散、回収 - 京丹後市
重石ずれて廃棄書類がトラック運搬中に飛散 - 阿賀町
新型コロナ患者情報含む資料、窓から飛散 - 鹿児島市
市民講座受講生の個人情報含む資料を紛失、車窓から飛散か - 津市
南相馬市、廃棄書類がトラックから飛散 - 対向車の職員が気づく
コロナ発生届が強風で窓から屋外に飛散 - 船橋市保健所
個人情報含む書類が風で飛散、一部未回収の可能性 - 済生会富山病院
クリップボードに挟んだ契約書類が強風で飛ばされ紛失 - 新潟県
運搬中に生活保護関係書類が落下し飛散 - 北海道
口座情報など含む書類が飛散、一部回収できず - 串本町