Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アプリケーションデリバリコントローラー「FortiADC」にXSSの脆弱性

Fortinet製アプリケーションデリバリーコントローラー「FortiADC」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性が含まれていることがわかった。

同パラメータの処理にクロスサイトスクリプティングの脆弱性「CVE-2014-0331」が含まれていることが判明したもの。ウェブブラウザ上で任意のスクリプトを実行されるおそれがある。

「同3.2.0」に影響があり、それ以前の製品も含まれる。同社では、同脆弱性を「同3.2.1」で修正した。危険度は5段階中、3番目にあたる「Medium」に設定している。

(Security NEXT - 2014/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
PHPにセキュリティ更新 - 「PHP 7.4.14」「同7.3.26」が公開
NVIDIAのGPUドライバに複数脆弱性 - vGPUソフトウェアにも
「Firefox」に深刻な脆弱性 - Android版にも影響
「Chrome 87.0.4280.141」が公開 - セキュリティに関する16件の修正を実施
ウェブセキュリティ製品に複数脆弱性 - トレンド
NEC製サーバの監視インタフェースに脆弱性 - 「IPMI over LAN」の利用停止を
NECプラットフォームズ製のIP-PBXサーバに深刻な脆弱性
「SolarWinds Orion」のAPIに認証回避のおそれ