Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS関連サービスやWindowsは「Heartbleed」の影響なし - MSが表明

米Microsoftは、暗号化ライブラリ「OpenSSL」に見つかった深刻な脆弱性「Heartbleed」に関し、同社サービスやWindowsは影響を受けないとの見解を示した。

同社のTwC部門にてディレクターを務めるTracey Pretorius氏が、同社ブログで明らかにしたもの。

同氏は、今回明らかとなった「CVE-2014-0160」に関して、「Microsoftアカウント」「Microsoft Azure」「Office 365」「Yammer」「Skype」いずれも脆弱性の影響を受けないと説明。また「SSL」「TLS」を実装しているWindowsについても影響を受けないとの認識を示した。

(Security NEXT - 2014/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Cisco ISE」の脆弱性、順次パッチ提供 - リリース後は悪用コードが利用可能に
狙われる顧客管理ツール「SugarCRM」の脆弱性 - 米政府も注意喚起
「スシロー」のAndroidアプリにパスワード漏洩のおそれ - アップデートを
「VMware vROps」にCSRFの脆弱性 - アップデートが公開
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
「VMware vRealize Log Insight」の深刻な脆弱性、PoCが公開
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性