Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS関連サービスやWindowsは「Heartbleed」の影響なし - MSが表明

米Microsoftは、暗号化ライブラリ「OpenSSL」に見つかった深刻な脆弱性「Heartbleed」に関し、同社サービスやWindowsは影響を受けないとの見解を示した。

同社のTwC部門にてディレクターを務めるTracey Pretorius氏が、同社ブログで明らかにしたもの。

同氏は、今回明らかとなった「CVE-2014-0160」に関して、「Microsoftアカウント」「Microsoft Azure」「Office 365」「Yammer」「Skype」いずれも脆弱性の影響を受けないと説明。また「SSL」「TLS」を実装しているWindowsについても影響を受けないとの認識を示した。

(Security NEXT - 2014/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用
ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
SonicWall「SMA 100シリーズ」の多要素認証機能に脆弱性
一部SonicWall製ファイアウォールの「SSL VPN機能」に脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート
GitLabが2月2度目のアップデート、脆弱性やバグに対応
クラウド管理製品「VMware Aria Operations」に権限昇格の脆弱性