Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「eoWEBメール」を偽装したフィッシングメールが発生

ウェブメールサービス「eoWEBメール」のセキュリティアラートを装ったフィッシングメールが出回っている。フィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。

問題のフィッシングメールは、「緊急の更新アラート」という件名で送信されており、セキュリティに関する案内を装った手口。

本文は不自然な日本語で記載されており、外国語を機械翻訳で作成したものと見られる。また誘導先のフィッシングサイトでは「新しいeoWEBメールの提供を開始しました」と、ちぐはぐな内容だった。

同協議会では、フィッシングサイトへメールアドレスやパスワードを入力しないよう注意喚起するとともに、類似したメールやフィッシングサイトを発見した際には、同協議会へ連絡するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「OCカード」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
「ETCのアカウントを停止した」と不安を煽るフィッシング
持出情報同期したクラウドアカウントがフィッシング被害 - 千葉大付属病院
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増