Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「eoWEBメール」を偽装したフィッシングメールが発生

ウェブメールサービス「eoWEBメール」のセキュリティアラートを装ったフィッシングメールが出回っている。フィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。

問題のフィッシングメールは、「緊急の更新アラート」という件名で送信されており、セキュリティに関する案内を装った手口。

本文は不自然な日本語で記載されており、外国語を機械翻訳で作成したものと見られる。また誘導先のフィッシングサイトでは「新しいeoWEBメールの提供を開始しました」と、ちぐはぐな内容だった。

同協議会では、フィッシングサイトへメールアドレスやパスワードを入力しないよう注意喚起するとともに、類似したメールやフィッシングサイトを発見した際には、同協議会へ連絡するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
2020年3Qフィッシング、前四半期の約4分の3に - RSAまとめ
2020年2Qのフィッシング攻撃は3割減、国内ホストは32件 - RSA調査
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意