Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「eoWEBメール」を偽装したフィッシングメールが発生

ウェブメールサービス「eoWEBメール」のセキュリティアラートを装ったフィッシングメールが出回っている。フィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。

問題のフィッシングメールは、「緊急の更新アラート」という件名で送信されており、セキュリティに関する案内を装った手口。

本文は不自然な日本語で記載されており、外国語を機械翻訳で作成したものと見られる。また誘導先のフィッシングサイトでは「新しいeoWEBメールの提供を開始しました」と、ちぐはぐな内容だった。

同協議会では、フィッシングサイトへメールアドレスやパスワードを入力しないよう注意喚起するとともに、類似したメールやフィッシングサイトを発見した際には、同協議会へ連絡するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
クリック時にクイズで教育するフィッシングトレーニング - 仏Vade
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
「Vpass」アカウントやクレカ情報狙うフィッシングに注意
SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
Android向けショッピングアプリ「ヨドバシ」に脆弱性
フィッシング報告、2万件の大台突破 - 上位4ブランドで9割超