Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「GOM Player」などの会員サービスに不正ログイン攻撃 - 未登録の場合は勝手に会員登録

動画再生ソフト「GOM Player」などを提供しているGOMソフトの会員サービスにおいて、「なりすまし」による不正ログイン被害が発生していたことがわかった。

同サービスを運営するグレテックジャパンによれば、2013年12月20日ごろから2014年1月8日午前にかけて、他社サービスにて入手したと見られるIDとパスワードを用いて、同社会員サービスへ不正にログインすることを試みる「パスワードリスト攻撃」を受けたという。具体的な被害件数などは明らかにしていない。

同社では、今回の不正アクセスに用いられたIDやパスワードについて、同社経由の流出を否定。また今回の不正ログインによる会員データの外部流出はなかったと説明している。

一方、今回の攻撃では、ログインの試行に用いたIDがこれまでに会員登録されていない場合、攻撃者がそのIDを用いて不正に会員登録を行っていたという。同社では、不正に登録されたIDを特定。アカウントを凍結した。

同社では、会員に対しては、パスワードを複数のサービスで使い回すことを避けるようアナウンスを行った。同様の攻撃を防ぐためセキュリティを強化したとしており、今後はログインページのセキュリティ対策などを行う計画。

また、なりすましにより不正登録されたユーザーに対しては、アカウントを凍結解除したり、削除する方法をメールで案内している。

(Security NEXT - 2014/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JR九州の会員サイトにPWリスト攻撃 - ポイント交換被害も
岡三オンライン証券にPWリスト攻撃 - 資産売却や出金被害は未確認
LINE利用者のパスワード約7.4万件が特定 - ログイン連携サービスにPWリスト攻撃
三越伊勢丹に対する不正ログインは5月から発生 - 約5.4万人に影響
ギフトサービスで不正ログイン被害 - 29件の不正決済
関電の「はぴeみる電」に不正ログイン - 複数海外IPアドレスから試行
三越伊勢丹の関連2サイトで約1.9万件の不正ログイン
通販サイト「ショップチャンネル」にPWリスト攻撃
オリコのクレカ不正申込対策で実証実験
「カメラのキタムラ」で不正ログイン - 不正注文で一部被害も