Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、Javaの脆弱性34件を修正 - リモートでコード実行のおそれ

Oracleは、四半期に1度の定例アップデートで「Java」における脆弱性34件を修正した。深刻な脆弱性14件の修正が含まれる。

「JDK」および「JRE」において、悪意あるウェブサイトを閲覧した際に、任意のコードを実行される深刻な脆弱性をはじめ、34件の脆弱性に対応したもの。共通脆弱性評価システム「CVSS v2」において、スコアが「7.0」以上の「レベルIII(危険)」とされる脆弱性は14件にのぼる。

影響を受けるのは、「同7 Update 45」「同6 Update 65」「同5.0 Update 55」および「JavaFX 2.2.45」。以前のバージョンも含まれる。

同社では脆弱性を修正した最新版を公開。同社やセキュリティ関連機関では、最新版へのアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
エプソン製品のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
Google、「Chrome 87」で33件のセキュリティに関する修正を実施