Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブフォームで生成した講座申込者リストが5年以上公開状態 - 広島市立大

広島市立大学は、公開講座の申込者リストが、インターネット上で5年以上にわたり公開された状態で、個人情報が流出したことを明らかにした。

2007年9月に開催した公開講座「CDから起動するLinuxで年賀状作成」の申込者に関する個人情報16件がインターネット上より閲覧できる状態だったもの。検索エンジンに登録されて検索が可能で、同講座の申し込し者より5月14日に指摘があり判明した。

問題のリストは、同大サイトの申込フォームにより生成したもので、アクセス制限を実施していなかった。講座修了後も削除せず、2007年8月より約5年9カ月にわたり閲覧可能な状態だったが、記載されている個人情報の不正利用などは確認されていないとしている。

今回の件を受けて同大では、関係者へ文書により謝罪。ウェブサーバを調査し、同様の問題が発生していないことを確認したという。

(Security NEXT - 2013/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ピアノ発表会の申込フォームで個人情報が第三者より閲覧可能に
「Omiai」運営会社の企業サイトで不具合 - 顧客の問い合わせを意図せずキャッシュ
公表資料で個人情報の黒塗り加工に不備 - 岐阜大
水道管調査サイトで一般利用者に管理者IDを誤発行 - 神戸市
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - エムオーテックス
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
キャンペーン応募者の個人情報が閲覧可能に - 人材派遣会社
訪日外国人向けアンケートの回答内容が閲覧可能に - 中部国際空港
旧セミナー申込システムで個人情報流出の可能性 - 沖縄労働局